産業雇用安定助成金とは?

コロナ禍の雇用維持対策として注目されている、雇用シェア(在籍型出向)。
自社の従業員を、一定の期間他の会社に働きに行かせるというもので、従業員シェアとも呼ばれています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、事業が縮小して従業員が過多になっている会社がある一方で、業績が上がって人手不足になっているという会社もありますので、それぞれの会社の悩みを解決する効果的な方法と言えます。

そんな雇用シェアをサポートしてくれる助成金の一つが、産業雇用安定助成金です。
今回は、産業雇用安定助成金について、その概要や対象となる事業主、支給までの流れなどについてご紹介します。

1.産業雇用安定助成金の概要


産業雇用安定助成金とは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、事業を縮小せざるを得ない事業主が、雇用シェア(在籍型出向)を通して従業員の雇用を維持する場合に、出向元と出向先それぞれに対して、出向に係った費用の一部が助成される制度です。

雇用シェア(在籍型出向)に関する助成金には、雇用調整助成金もあります。
雇用調整助成金の場合は、出向元企業にのみ助成があるのに対して、産業雇用安定助成金では、出向元、出向先企業の双方に助成があるのがポイントです。

対象となる事業主や支給の要件などについて詳しく見ていきましょう。

1-1.産業雇用安定助成金の対象となる事業主は?


産業雇用安定助成金では、出向元と出向先に助成金が支給されるため、それぞれに支給の要件があります。

1-1-2.出向元企業の要件

出向元企業については、新型コロナウイルス感染症の影響により、売上または生産量などの生産指数が一定以上減少していることが要件となります。

具体的には、生産指標が次の3つのいずれかに当てはまる必要があります。
・生産指標の最近1か月の値が、1年前の同じ1か月の値に比べ5%以上減少している。
・生産指標の最近1か月の値が、2年前の同じ1か月の値に比べ5%以上減少している。
・生産指標の最近1か月の値が、計画届を提出した月の1年前の同じ月から計画届を提出した月の前々月までの間の適当な1か月の値に比べ5%以上減少している。

1-1-3.出向先企業の要件

出向先企業については、出向期間の開始日の前日から起算して6か月前の日から支給申請を行う支給対象期の末日までの間に、事業主都合による解雇を行っていないことや、雇用量が一定以上減少していないことが要件とされています。

雇用量の減少については、雇用指標の最近3ヵ月間の平均値が、1年前の同じ3ヵ月間の平均値と比較して、大企業の場合は5%を超えてかつ6人以上、中小企業の場合は10%を超えてかつ4人以上減少していないこと、などが要件です。

1-1-4.出向元・出向先の独立性

産業雇用安定助成金が設立された当初は、出向元と出向先が親会社・子会社の関係でないことや、代表取締役が同一人物である企業間の出向でないことなど、資本的、経済的、組織的関連性などからみて、独立性が認められることが要件とされていましたが、令和3年8月1日から、こういった企業間でも一定の要件を満たせば助成を受けられるようになりました

独立性が認められない事業主間での出向については、以下のすべての要件を満たす必要があります。

  1. 資本的、経済的、組織的関連性などからみて独立性が認められない事業主間で実施される出向であること。以下のような例が挙げられます。
  2. ・子会社間の出向(両社の親会社からの出資割合を乗じて得た割合が50%を超える場合に限る)
    ・代表取締役が同一人物である企業間の出向
    ・親会社と子会社間の出向
    ・「人事、経理、労務管理、労働条件等の決定の関与」や「常時の取引状況」などを総合的に判断し、独立性が認められないと判断される企業間の出向

  3. 新型コロナウイルス感染症の影響による雇用の維持のために、通常の配置転換の一環として行われる出向と区分して行われる出向
  4. 令和3年8月1日以降に新たに開始される出向であること

次に、どういった出向が支給の要件となるのか確認していきます。

1-2.産業雇用安定助成金の対象となる出向

産業雇用安定助成金の対象となる出向については、いくつか要件があります。
まずは、対象となる労働者についてみていきます。

1-2-1.出向の対象となる労働者

産業雇用安定助成金の対象となる労働者は、出向元事業主に6か月以上雇用されている雇用保険被保険者で、出向に同意している方が対象とされています。
また、出向期間終了後は、出向元事業所に復帰することが前提です。

出向開始日の前日時点で、雇用期間が6カ月未満の方や、解雇予告されている方、退職願を提出した方、日雇労働被保険者の方などは対象外となっています。

1-2-2.対象となる出向

産業雇用安定助成金の対象となるのは、雇用調整を目的とした出向です。
出向期間については、1カ月以上2年以内と定められています(このうち、助成金の対象となるのは、1年間のみです)。
出向労働者は、出向期間終了後は出向元事業所に復帰することが前提です。

また、出向期間内に出向元と出向先の両方で勤務する「部分出向」についても、この助成金の対象となります。
ただし、同じ日に出向元・出向先の両方で勤務を行う場合や、出向先事業所での勤務日数が、出向元での所定労働日数の半分未満の場合は助成金の対象外とされていますので、注意しましょう。

次は、助成の対象となる費用についてみていきます。

1-3.産業雇用安定助成金の助成対象となる費用や助成率は?

産業雇用安定助成金の対象となるのは、出向運営経費出向初期経費です。助成率は企業規模によって異なります。

1-3-1.出向運営経費

出向期間中の賃金や教育訓練、労務管理に関する調整経費などが含まれます。

解雇については、原則として対象期間の前日から起算して6カ月前から、支給対象期の末日までに解雇を行っているかどうかで判断されます。

なお、独立性が認められない企業間での出向の場合の助成率は、中小企業2/3中小企業以外1/2です

また、1人1日当たりの上限額は12,000円(出向元と出向先の負担額の合計)とされています。

1-3-2.出向初期経費

就業規則の整備費用、出向規定、出向契約書の整備に係る費用や、出向者を受け入れるための什器やOA環境整備に係る費用などが含まれます。

助成額は、出向元・出向先事業主それぞれについて、出向労働者1人につき1度限り、10万円が支給されます。

出向初期経費については、加算があり、出向元事業主が、運輸・郵便業、宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス・娯楽業である場合や、生産指標が一定数以上減少している場合出向先事業主については、異業種の出向を受け入れる場合に、それぞれ5万円が上乗せされます(合計15万円)。

なお、独立性が認められない事業主間で行う出向の場合は出向初期経費の支給対象となりません

2.産業雇用安定助成金の受給までの流れ

産業雇用安定助成金を受給するまでの流れは、次の通りです。

  1. 出向の計画
  2. 出向元事業主と出向先事業主との間で、出向期間や出向中の労働者の処遇に関する契約を結びます。出向については、出向予定者の同意を得る必要があります。

  3. 計画届
  4. 出向元事業主が出向先事業主の作成した書類を含めて、出向の内容を事前に都道府県労働局またはハローワークへ届け出ます。
    計画届は、出向開始の前日(可能であれば2週間前)までに提出します。

    計画届の提出に必要な書類は、以下の通りです。

    出典:「産業雇用安定助成金ガイドブック(令和3年8月1日以降)」p. 24

    この他にも、確認書類として、出向の実施について労働組合等との間で締結した協定書や、事業所の状況に関する書類などの提出も必要です。

  5. 出向の実施
  6. 計画届に基づいて出向を実施します。出向期間は、1カ月以上2年以内です。

  7. 支給申請
  8. 計画届提出時に、1か月以上6か月以下の任意で設定した期間(月単位)ごとに、出向元事業主と出向先事業主がそれぞれに支給申請書を作成し、都道府県労働局またはハローワークへ提出します。提出は、出向元事業主が出向先事業主のものも含めて提出します。

    支給申請に必要な書類は、以下の通りです。

    出典:「産業雇用安定助成金ガイドブック(令和3年8月1日以降)」p. 28

    この他、出向の実績に関する書類など、確認書類の提出も必要です。

  9. 労働局にて審査・支給決定
  10. 提出された支給申請書の内容について、労働局にて審査が行われます。問題がなければ助成金の支給が決定します。

  11. 支給額の振込
  12. 出向元・出向先それぞれに支給額が振り込まれます。

以上が、産業雇用安定助成金の受給までの流れです。

まとめ

今回は、産業雇用安定助成金について、概要や支給の要件、助成率や受給までの流れについてご紹介しました。

産業雇用安定助成金は、コロナ禍での従業員の雇用維持に役立つ助成金です。出向元企業では、事業が縮小する中での人件費の節約や、景気回復時の人材確保につながります。従業員にとっても、出向元での雇用が維持されているという安心感もありつつ、職業上の能力向上にもなります。
また、出向元・出向先企業のどちらにも助成があるのもありがたいですね。

出向先を探している、人材を受け入れたいという場合には、産業雇用安定センターで出向元と出向先の無料マッチングを行っていますので相談してみましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。