高年齢雇用継続給付とは?制度の概要や対象者、支給額など

年金の受給年齢が65歳まで引き上げられ、これまで働いてきた会社で60歳の定年を迎えた後も、同じ会社で再雇用されて働く人や、一旦定年退職した後、65歳までに再就職する人も多いでしょう。
ですが、60歳以降の方の雇用については、定年前の賃金と比べて大幅に下がることがほとんどです。

こういった場合に、働く意欲と能力のある高年齢の方に、雇用の継続と生活の安定を支援するための制度が、「高年齢雇用継続給付」です。
60歳以降の賃金が定年前と比べて75%未満になる場合、最大で賃金の15%の金額が支給されます。

今回の記事では、高年齢雇用継続給付の対象となる人や、支給額、申請方法についてみていきます。
まずは、高年齢雇用継続給付の概要についてみていきましょう。

1.高年齢雇用継続給付とは?


高年齢雇用継続給付には、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類があります。

高年齢雇用継続基本給付金」とは、60歳以降も失業保険等を受け取らず、それまでの会社で引き続き雇用された場合に受け取ることができます。また、退職後に、失業保険等を受け取らずに、1年以内(離職日と被保険者になった日の間)に再就職した場合にも申請することができます。

高年齢再就職給付金」とは、定年で一旦退職した後、失業保険等を受けとり、再就職した場合に受け取ることができます。その際、再就職の前日において、失業保険等の支給残日数が100日以上である必要があります。

次に、対象となる人についてみていきましょう。

2.高年齢雇用継続給付の対象者は?


高年齢雇用継続給付の対象者は、給付金の種類によって多少異なります。
それぞれについて確認していきましょう。

2-1.高年齢雇用継続基本給付金の対象者

高年齢雇用継続基本給付金の対象者は、次の要件を満たす人です。

    ・60歳以上65歳未満の雇用保険の一般被保険者であること
    ・被保険者であった期間が5年以上あること
    ・60歳時点と比較して、60歳以降の賃金が75%未満となっていること

以上の3つの要件を満たしていれば、高年齢雇用継続基本給付金を受け取ることができます。
上でもご紹介しましたが、失業保険等を受け取っていない方が対象となります。また、退職後に失業保険を受給せず、1年以内※に再就職した方も対象です。(※離職日から再就職して被保険者になるまでの期間)

2-2.高年齢再就職給付金

高年齢再就職給付金の対象者は、次の要件を満たす人です。

    ・60歳以上65歳未満の雇用保険の一般被保険者であること
    ・被保険者であった期間が5年以上あること
    ・60歳時点と比較して、60歳以降の賃金が75%未満となっていること
    ・再就職の前日における失業保険等の支給残日数が100日以上あること
    ・再就職手当を受給していないこと
    ・1年以上雇用される見込みがあること

以上が、高年齢再就職給付金の要件です。
賃金については、再就職後の各月に支払われる賃金が、失業保険の基準となった賃金日額を30倍した額の75%未満と定められています。

また、再就職手当と高年齢再就職給付金は同時に受け取ることができませんので、慎重に選ぶようにしましょう。なお、再就職手当が不支給となった場合でも、高年齢再就職給付金の支給要件を満たしていれば、申請することができます。

次に、支給を受け取ることができる期間についてみていきます。

3.高年齢雇用継続給付の支給期間は?

高年齢雇用継続給付で支給を受けられる期間も、給付金の種類によって違ってきます。

高年齢雇用継続基本給付金では、60歳になった月から65歳になる月まで受け取ることができます。

一方、高年齢再就職給付金では、再就職した日の前日における失業保険の支給残日数によって異なります
支給残日数が200日以上の場合は、再就職日の翌日から2年間、100日以上200日未満の場合は1年間受給することができます。
ただし、この期間内に65歳になった場合には、65歳になる月まで支給されます。
どちらの給付金も、65歳までという条件は共通しています。

3-1.高年齢雇用継続給付と年金

高年齢雇用継続給付を受けようとする際に注意したいのは、特別支給の老齢厚生年金(在職老齢年金)を受給している場合です。

まず、65歳未満で在職し厚生年金の被保険者となっている場合、特別支給の老齢厚生年金と給与の合計金額に応じて、年金の一部が支給されないことになっています。

これに加えて、高年齢雇用継続給付の支給を受けている期間は、給付額に応じて、年金の一部(最高6%)が支給停止される場合があります

併用する場合には、申請前に年金事務所に問い合わせるなどして確認しておきたいですね。

4.高年齢雇用継続給付の支給額は?

高年齢雇用継続給付の支給額は、支給対象となる月ごとに、その月に支払われた賃金が、60歳時点の賃金と比較してどれだけ減っているかで変わります。

賃金の低下率は、【60歳以降の賃金÷60歳時点の賃金】で算出されます。
60歳時点の賃金(賃金月額)は、原則として60歳になる前6カ月間の平均賃金のことで、高年齢継続給付の「受給資格確認通知書」や「支給決定通知書」で確認することができます。

賃金の低下率によって、支給額は次のように変わります。

<賃金の低下率が61%以下>
支給額=支給対象月の賃金額×15%
 
<賃金の低下率が61%超えて75%未満>
支給額=-183/280×支給対象月の賃金額+137.25/280×賃金月額

厚労省のリーフレットには、次の給付金早見表が載っています。

(出典:厚生労働省の「高年齢雇用継続給付の内容及び支給申請手続きについて」p.7)

高年齢雇用継続給付には、支給限度額があり、支給対象月の賃金が限度額を超えた場合には、給付金は支給されません
令和2年3月時点での、支給限度額は363,359円です(毎年8月1日に改定)。
なお、支給対象月の賃金と、低下率を元に算出された支給額の合計が363,359円を超える場合には、363,359円からその賃金を差し引いた額が支給されます。

支給限度額とは逆に、算出された支給額が低額である場合、支給されないこともあります。
令和2年3月時点では、算出された支給額が2,000円以下である場合には、給付金は支給されません(毎年8月1日に改定)。

5.高年齢雇用継続給付の申請方法は?

高年齢雇用継続給付の支給申請については、基本的に企業から公共職業安定所(ハローワーク)に手続きを行うことになっています。やむを得ない理由がある場合は、被保険者本人が提出することも可能です。

ここでは、手続きの流れについて簡単にご紹介します。

5-1.高年齢雇用継続基本給付金の手続きの流れ

高年齢雇用継続基本給付金の支給を受けるためには、原則として2カ月に一度、ハローワークから指定された月に支給申請書を提出する必要があります

初回の支給申請は、支給を受けようとする支給対象月の初日から起算して4カ月以内であれば申請することができます。
初回の支給申請時の手続きは次の通りです。

(出典:厚生労働省の「高年齢雇用継続給付の内容及び支給申請手続きについて」p.9)

    1.被保険者が企業に、受給資格確認票・(初回)支給申請書を記入して提出
    2.企業が、受給資格確認票・(初回)支給申請書と賃金証明書、支給申請書と賃金証明書の内容を確認できる書類(賃金台帳等)、被保険者の年齢が確認できる書類等をハローワークに提出
    3.ハローワークから受給資格確認通知書・支給(不支給)決定通知書交付、支給申請書(2回目分)交付
    4.企業は上記3の通知書を被保険者に対して交付
    5.支給が決定した場合、ハローワークから被保険者に給付金の支給

以上が、高年齢雇用継続基本給付金の初回支給申請時の流れです。
2回目以降の支給申請では、受給資格確認手続は不要です。

5-2.高年齢再就職給付金の手続きの流れ

高年齢再就職給付金の支給を受けるためには、雇用保険の被保険者の資格取得届を提出するのとあわせて、「受給資格確認票」を提出します。その後、原則として2カ月に一度、ハローワークの指定する月に支給申請書を提出する必要があります
なお、初回の支給申請については、先に挙げた基本給付金と同様、最初に支給を受けようとする月の初日から起算して4カ月以内であれば申請することができます。

ここでは、初回の支給申請前に受給資格を確認する場合の手続きの流れについてご紹介します。

    1.被保険者が企業に、受給資格確認票・(初回)支給申請書を記入し提出
    2.企業は、受給資格確認票・(初回)支給申請書をハローワークに提出(ここまでは、該当者を雇用後速やかに提出する方が良いとされています)
    3.ハローワークから企業に受給資格確認通知書・支給申請書交付
    4.企業は上記3の書類を、被保険者に対して交付
    5.被保険者は支給申請書を記入、企業に提出
    6.企業は支給申請書、支給申請書の内容を確認できる書類(賃金台帳等)と被保険者の年齢が確認できる書類等をハローワークに提出
    7.ハローワークは支給(不支給)決定通知書、支給申請書(次回分)交付
    8.企業は上記7の書類を、被保険者に対して交付
    9.支給が決定した場合、ハローワークから被保険者に給付金の支給

以上が、高年齢再就職給付金の手続きの流れです。
基本給付金と同様に、受給資格確認は、ここで紹介した初回支給申請前か、初回支給申請時のいずれかに一度行えば、2回目以降の申請時には不要です。

6.まとめ

今回は、高年齢雇用継続給付の概要や対象者、支給金額、手続きの流れについてご紹介しました。

60歳以降の再雇用や再就職では、資格や経験はあっても、どうしてもそれ以前の給料よりも下がってしまうことが多いです。高年齢雇用継続給付は、その下がった部分を補ってくれるありがたい制度です。

ですが、老齢厚生年金と合わせて受け取る場合には、年金の一部が支給されなかったり、再就職の際の、再就職手当との併用はできません。
支給を希望する場合には、しっかり確認してから申請するようにしましょう。

今回の記事が参考になれば幸いです。