つみたてNISAとは?制度の概要や一般NISAとの違い、メリット、デメリットをご紹介

つみたてNISAとは、特に少額からの長期の積立・分散投資を支援するための税制優遇制度です。2018年1月からスタートしました。

NISA同様に、つみたてNISA専用の口座からの投資で得た利益が、20年間非課税になります。

一般NISAが1年間に120万円まで投資できるのに対して、つみたてNISAでは、1年間に投資できるのは40万円までと少ないですが、その分、利益にかかる税金が非課税となる期間が20年間と長いのが特徴です。

 

つみたてNISAは、長期的な資産形成を支援する制度ですので、対象となる商品は、手数料が低額、頻繁に分配金の支払いがないといった、公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されています。

 

今回の記事では、つみたてNISAについて、その概要や一般NISAとの違い、メリット・デメリットについてご紹介します。

まずは、つみたてNISA制度の概要についてみていきましょう。

1.つみたてNISA制度の概要は?NISAとの違いは?

つみたてNISAは、特に少額から投資をする人に向けた税制優遇制度です。

金融機関によっては、100円から投資することも可能です。つみたてNISA専用口座を利用して、年間40万円までの範囲内で投資することができます。また、その投資から得る分配金や譲渡益に対して、最長20年間非課税となります。

 

通常であれば、分配金や譲渡益といった利益に対して、20.315%の税金がかかります(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)。ですが、一般NISA同様、つみたてNISA口座を利用して得た利益に対しては、税金がかかりません。

 

対象となる利益とは、各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)です。購入した年から数えて20年間、課税されません。

 

現在のところ、つみたてNISAは2018年から2037年までの制度とされていますので、投資信託が購入できるのも2037年までです。2037年中に購入した投資信託についても、20年間(2056年まで)非課税で保有できます。

 

1-2.一般NISAとつみたてNISAの違いとは?

下の表は、一般NISAとつみたてNISAの違いについて表したものです。

※1…口座を開設する金融機関は1年単位で変更することができます。変更しようとする年の9月末までに、金融機関で変更の手続きを完了する必要があります。また、NISA口座内で、つみたてNISAと一般NISAを1年単位で変更することもできます。この場合、原則として、変更しようとする年の前年の10月から12月の間に、金融機関で変更の手続きを完了する必要があります。

 

一般NISAと比べてみると、口座を利用できる人の要件や口座開設可能数は同じですが、つみたてNISAでは、年間に投資できる金額が40万円までと少なく、その分非課税になる期間は、20年間と長くなっていることが分かります。

 

つみたてNISAの対象となる商品は、販売手数料がかからない(ノーロード)、信託報酬が一定水準以下といったような、金融庁の基準をクリアした商品に限定されています。

 

また、投資方法も定期かつ継続的な方法による積立のみとなっています。
国の基準にのっとった商品であること、低コストで、少額からコツコツ投資できるという点で、初心者でも安心して始めることができそうです。

 

以上が、つみたてNISA制度の概要と一般NISAとの違いです。
次に、つみたてNISAの非課税投資枠についてみていきましょう。

2.つみたてNISAの非課税投資枠とは?

つみたてNISA口座では、毎年40万円の範囲内で投資信託を購入することができます。
一般NISAと同様に、この非課税投資枠は1年ごとに設定されます。

 

繰り返しになりますが、つみたてNISAでは、各年に購入した投資信託を保有している間に得た分配金と、値上がりした後に売却して得た利益(譲渡益)が、購入した年から数えて20年間課税されません。そのため、非課税で保有できる投資総額は、最大800万円(40万円×20年間)となります。

(出典:金融庁HP 「つみたてNISAの概要」)

非課税枠には、いくつか決まりごとがあります。

2-1.一度利用した非課税投資枠は再利用できない

一般NISA同様に、つみたてNISAもいつでも払い戻しができますが、購入した分の非課税枠は再利用することはできません。

例えば、商品Aを払い戻して、商品Bを購入することはできますが、商品Aの購入金額分の非課税投資枠は再利用できず、新たに非課税枠を使用することになります。

また、収益分配金での再投資に関しても、新規購入と捉えられるため、非課税枠を使用することになります。

 

2-2.非課税投資枠は翌年に繰り越しできない

つみたてNISAで購入できる非課税投資枠は、年間40万円までです。一般NISA同様に、その年の非課税投資枠に未使用分があっても、翌年には繰り越されませんので注意しましょう。

例えば、今年は毎月2万円購入して、24万円分の非課税投資枠を利用したとします。翌年は、今年残った16万円+翌年分40万円=56万円分購入できる、とはなりません。

 

2-3.20年の非課税期間が終了したらどうなる?

20年の非課税期間が終了したら、NISA口座以外の課税口座(一般口座や特定口座)に払い出されます。

 

なお、一般NISAでは非課税期間が終了後に、保有する金融商品を翌年の非課税投資枠に移す(ロールオーバー)ことが出来ましたが、つみたてNISAではできませんので注意しましょう。

以上が、つみたてNISAの非課税投資枠(40万円)の仕組みです。
次に、つみたてNISAのメリット・デメリットについてみていきます。

3.つみたてNISAのメリットは?

つみたてNISAのメリットは、一般NISA同様に、NISA口座から得た利益に対して税金がかからないことですが、その他にも次のようなメリットがあります。

  • 積立のため、まとまった資金が必要ない
  • 低コストで長期投資が可能
  • 投資対象商品が限られているため選びやすい

つみたてNISAのメリット① 積立のため、まとまった資金が必要ない

つみたてNISAの投資方法は、その名の通り「積立」のみです。つみたてNISAで購入できるのは、年間40万円まで。月々に換算すると、毎月約33,000円が上限になります。

積立できる金額は金融機関によって異なりますが、一般的には月々1,000円から33,000円の間で自由に決めることができます。中には、毎日100円から購入できる、という金融機関もありますので、本当に少額から無理なく投資することができますね。

また、積み立てる頻度は「毎日」、「毎週」、「毎月」などの中から自由に選ぶことができます。金融機関によっては、ボーナス時期には増額して投資する、といった設定をすることも可能です。

設定したタイミングで買い付けてくれるので、手間もかかりません。買い付けのタイミングを判断する必要もありません。

まとまった資金がなくても始めることができて、一定の頻度で買い付けしてくれるので手間もかからない。特に、これから投資を始めようとしている人にとっては、嬉しいメリットですね。

 

つみたてNISAのメリット② 低コストで長期投資が可能

つみたてNISAで投資できる商品は、金融庁が「長期」「積立」「分散」投資に適していると判断した投資信託・ETFに限定されています。

具体的には、販売手数料が0円(ノーロード)、分配金支払い頻度が毎月でないもの、信託報酬が低水準のものといった条件があります。

つみたてNISAの非課税期間は最長20年間と長いため、低コストで投資し続けられるのは大きなメリットですね。

 

つみたてNISAのメリット③ 投資対象商品が限られているため選びやすい

現在日本では、約6,000本の投資信託が販売されています。特に投資初心者にとっては、その膨大な数の商品から自分にあったものを選ぶとなると、時間も労力も掛かって投資を始める前に燃え尽きてしまいそうです。

ですが、先述のように、つみたてNISAの対象商品は、金融庁が厳選したものばかりです。2019年5月時点で、163本に限定されています。これなら、初心者にとっても選びやすいですね。

 

以上が、つみたてNISAのメリットです。次に、デメリットについてみていきましょう。

4.つみたてNISAのデメリットは?

何事にも、メリットがあればデメリットがあるものです。つみたてNISAのデメリットには、次のようなものがあります。

  • 元本割れのリスクがある
  • 選べる商品が限られている
  • 損益通算・繰越控除できない

つみたてNISAのデメリット① 元本割れのリスクがある

つみたてNISAの対象となる商品は、金融庁の条件をクリアしている株式投資信託とETFです。

いくら国のお墨付きとはいえ、投資信託やETFは、定期預金や保険などの元本が保証されている商品ではなく、元本が変動する商品です。

そのため、運用中に値下がりし、元本割れする可能性もあるということを頭に入れておきましょう。

 

つみたてNISAのデメリット② 選べる商品が限られている

メリットの項目でお伝えしたように、つみたてNISAの対象となる商品は、投資信託とETFの163本(2019年5月時点)のみです。上場株式やREIT(不動産投資信託)は対象ではありません。

選択肢が少ないというのは、初心者にはメリットですが、幅広い商品の中から選びたいという方にとってはデメリットと言えます。

 

つみたてNISAのデメリット③ 損益通算・繰越控除できない

通常、複数の証券口座を用いた取引では、年間を通しての利益と損失を合算して、税負担を減らすことができます。これを、損益通算といいます。

例えば、口座Aで40万円の利益が出て、口座Bで30万円の損失があった場合、全体の損益は10万円となり、10万円が課税の対象となります。

ですが、つみたてNISA口座ではこの損益通算が出来ません。

そのため、口座Aで40万円の利益が出て、つみたてNISA口座で20万円の損失があった場合でも、口座Aの利益40万円がそのまま課税対象となります。

また、繰越控除といって、損益通算をしてもまだマイナスがある場合に、通常は3年間にわたってマイナス分を繰り越し、翌年以降の利益と相殺することができますが、つみたてNISAはこの対象となりません。

損益通算できないというのは、複数の口座で並行して資産運用をする人にとってはデメリットと言えますね。

5.まとめ

今回は、つみたてNISAの概要と一般NISAとの違い、メリット、デメリットについてご紹介しました。

一般NISAと比較すると、少額から毎月コツコツと積立ていくことで長期的な資産形成ができるのが、つみたてNISAの特徴でしょうか。毎月投資できる金額は少ないですが、非課税となる期間は20年間と長く設定されています。

 

また、対象商品が金融庁の厳選した商品であること、金融機関によっては100円から積立可能なこと、設定したタイミングで定期的に買い付けてくれることなど、特に投資初心者にとっては負担が少なくメリットが大きい制度と言えそうです。

 

メリットがある反面、元本割れのリスクや商品数が少ない、損益通算や繰越控除できないといったデメリットもあります。
非課税投資枠にも、再利用や繰越できないといったルールがあります。

 

ですが、これらのデメリットがあったとしても、利益に対して税金がかからないというのは、やはり魅力的です。
これから投資を始めようと思っている方は、まずはつみたてNISAから始めてみると良いかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。